• ホーム
  • カンジダ治療薬として使用できるカーネステンクリームの安全な使い方とは

カンジダ治療薬として使用できるカーネステンクリームの安全な使い方とは

女性と話している医者

カンジダ症をはじめとして真菌が原因の感染症に有効で、肌にヒリヒリ感がなく使うことができるカーネステンクリームは、有効成分であるクロトリマゾールがしっかりと菌に働きかけることができる使い方をしなければなりません。カンジダ治療薬として使うときに清潔に取り扱うことを意識しないと、薬のチューブから原因菌が他の部位にうつってしまったり、家庭内感染につながったりする恐れがあります。患部に塗り込むときにどうしても触りますから、安全な使い方として忘れてはいけないのが、薬を塗り終わった後はよく指や手を洗うことです。

有効成分が薄まってしまうと真菌を確実に殺菌できなくなって症状がいつまでも残り、痒みを我慢できずに引っ掻いたりいつまでも発疹が残ったままになったりすると、さらに雑菌が感染して炎症が起こってしまうことがあります。運動して汗をかいた後やトイレを利用した後は、性器周りはどうしても湿度が高い状態になって場合によっては濡れているときもあるでしょう。そのままの状態でカーネステンクリームを使うと水分に溶けて薄まってしまうので、できれば汗をかいていた後やトイレを利用した直後ではなく肌が乾燥しているときに利用すると、より成分が効率的に浸透しやすいです。汗や尿などは不衛生で薬と一緒に患部に擦り込んでしまうのも問題で、皮膚疾患をひどくしたりカンジダ症の範囲を広げてしまったりすることも考えられます。

カンジダ治療薬として使うときは1日に2回から3回は塗布が必要になるため、塗るタイミングに迷ってしまう場合があるでしょう。出先で衛生的にカーネステンクリームを塗布する環境を整えることはなかなか難しいため、朝出かける前や帰宅してきて入浴後のタイミングで使えるとベストです。成分を薄めず症状を悪化させないためには、薬を塗った後もできる限り患部をムレないように心がける必要があるため、治るまでは通気性がいいショーツをはきましょう。汗がすぐに蒸発する素材で作られているとより良いでしょう。仕事柄ストッキングが欠かせない人は、汗をかいてムレないように注意しましょう。

カーネステンクリームを指先に2cmほど出して患部に塗り込みますが、ネイルチップをしている方は注意が必要です。雑菌が爪とネイルチップの間に入り込んでいることがあるため、そのままの指で薬を塗り込むのは安全ではありません。塗った後もカンジダ症の原因菌が入り込んでしまうことが考えられるため、ネイルチップを外せないときには、ビニール手袋などを活用して衛生かつ安全に塗布しましょう。

関連記事
クラミジアの症状で悩んだ時に使用したい治療薬と副作用のリスクとは 2020年06月06日

クラミジアの菌を退治するために利用される治療薬は、抗生物質の中でもマクロライド系と呼ばれる種類です。クラミジアだけでなく、マイコプラズマなど細菌や寄生生物に広く効果が認められる薬です。以前は他の薬も利用されていましたが完治までに長くかかることがあったり、薬の飲み忘れや途中でやめてしまったりすると再発...

クラミジアが発症した時に子宮に与えるリスクと早期に治療すべき大切さとは 2020年04月29日

クラミジアに感染したとき女性は段階的にいろいろな症状を発症することがあるため、早めに治療に取り掛からないと大変な思いをする可能性があります。特に妊娠出産を考えている方は、妊娠前に対応しておかなければなりません。性器周辺の症状で済むものではなく、体の内側で菌が増殖し悪さを働くからです。感染後潜伏期間を...

デリケートゾーンに痒みの症状が出た時にはカンジダ?セルフチェックする方法 2020年02月25日

カンジダ症は湿度が高くムレやすい場所に症状が出ますが、そういった場所は真菌が存在していなくても汗疹やかぶれが起こりやすく、一時的なものか病院で診察を受けないと治療が必要か判断が難しい場合も多いです。デリケートゾーンはとくに下着の締め付けでも痒みが出ることがあるため、見極めが大事です。感染症ではなくた...

性病の一つであるクラミジアが発症してしまった時に考えたい原因と対処方法 2020年03月31日

クラミジアは性感染症の中で最も感染者が多いと言われるほどで、日本国内だけでなく海外でも若年層が多く患っているとして注意を呼びかけている病気です。それほどまで広がりを見せているのは感染した人がすべて発症するわけではないこと、初期症状が現れにくいことなどが理由で、知らずにパートナーにうつしてしまうからで...

治療後にカンジダが再発した時に考えたいリスクと再度治療する際に必要な事とは 2020年03月12日

治療をきちんと済ませていないと、免疫力が低下したり女性ホルモンのバランスが乱れたりするたびに再発することが考えられます。体にカンジダ症が現れているときは、菌の増殖が活発に行われているときですから、パートナーあるいは家族に感染させてしまうリスクが高まります。治ったと思ったのにまた症状が出てきたら、精神...