• ホーム
  • 性病の一つであるクラミジアが発症してしまった時に考えたい原因と対処方法

性病の一つであるクラミジアが発症してしまった時に考えたい原因と対処方法

クラミジアは性感染症の中で最も感染者が多いと言われるほどで、日本国内だけでなく海外でも若年層が多く患っているとして注意を呼びかけている病気です。それほどまで広がりを見せているのは感染した人がすべて発症するわけではないこと、初期症状が現れにくいことなどが理由で、知らずにパートナーにうつしてしまうからです。複数と性行為を行うことに抵抗がない人も増えていることも理由にあげられ、性病に関する啓蒙をもっと行わないと今後さらに感染者が爆発的に増えていく恐れがあります。

体に発症したとき考えるべき原因は、クラミジア感染者と性行為をしたかどうかです。クラミジア・トラコマティスという菌が原因でクラミジアに感染するため、保菌している人から接触感染することが一番高い確率で考えられます。菌が体から外に出てしまうと、それほど強いわけではないので長く活動できず死滅するので、感染する可能性が考えられるのは直接接触することだけです。

感染した人が自力で完治することはほとんどなく、慢性化していくため注意が必要です。女性はとくに自覚症状が現れにくいため、治療しなかったり遅れたりしてしまうことも感染者増につながっています。クラミジアの潜伏期間が、感染後1週間から3週間ほどと長いことも原因です。クラミジア・トラコマティスという菌は男性にも感染し炎症を起こしますので、発症した場合には性行為を行ったパートナーと一緒に病院で検査を受けましょう。二人で検査を受けたほうがよい理由は、自覚症状がないままクラミジアが悪化してしまうと、体にいろいろな疾患を引き起こしてしまうためです。片方だけが治っても、もう一方が保菌していれば再び感染してしまう可能性もあります。

性行為を行った覚えがないのに感染している方は、目に感染している人の近くにいたことが考えられるため確認しましょう。クラミジア結膜炎は患者が目を触り、菌が弱る前に手で触れていたりすれば感染している恐れがあります。目や喉の粘膜にクラミジア・トラコマティスが感染すれば体内で広がっていきますし、涙や目やに、唾液などが指に付着しているのを洗わないまま性器に触れれば子宮や尿道などで菌が増えて、性病と同じ症状を発症する可能性があります。

目の炎症を起こしている人がいたら治るまで接触をさけ、触れてしまったらすぐに手を洗うようにすれば、菌は弱いのでそのまま感染してしまうリスクを避けることが可能です。感染した可能性がある人は、とにかく一度検査を受けることが望ましい病気です。

関連記事
クラミジアの症状で悩んだ時に使用したい治療薬と副作用のリスクとは 2020年06月06日

クラミジアの菌を退治するために利用される治療薬は、抗生物質の中でもマクロライド系と呼ばれる種類です。クラミジアだけでなく、マイコプラズマなど細菌や寄生生物に広く効果が認められる薬です。以前は他の薬も利用されていましたが完治までに長くかかることがあったり、薬の飲み忘れや途中でやめてしまったりすると再発...

クラミジアが発症した時に子宮に与えるリスクと早期に治療すべき大切さとは 2020年04月29日

クラミジアに感染したとき女性は段階的にいろいろな症状を発症することがあるため、早めに治療に取り掛からないと大変な思いをする可能性があります。特に妊娠出産を考えている方は、妊娠前に対応しておかなければなりません。性器周辺の症状で済むものではなく、体の内側で菌が増殖し悪さを働くからです。感染後潜伏期間を...

デリケートゾーンに痒みの症状が出た時にはカンジダ?セルフチェックする方法 2020年02月25日

カンジダ症は湿度が高くムレやすい場所に症状が出ますが、そういった場所は真菌が存在していなくても汗疹やかぶれが起こりやすく、一時的なものか病院で診察を受けないと治療が必要か判断が難しい場合も多いです。デリケートゾーンはとくに下着の締め付けでも痒みが出ることがあるため、見極めが大事です。感染症ではなくた...

治療後にカンジダが再発した時に考えたいリスクと再度治療する際に必要な事とは 2020年03月12日

治療をきちんと済ませていないと、免疫力が低下したり女性ホルモンのバランスが乱れたりするたびに再発することが考えられます。体にカンジダ症が現れているときは、菌の増殖が活発に行われているときですから、パートナーあるいは家族に感染させてしまうリスクが高まります。治ったと思ったのにまた症状が出てきたら、精神...

カンジダ治療薬として使用できるカーネステンクリームの安全な使い方とは 2020年02月09日

カンジダ症をはじめとして真菌が原因の感染症に有効で、肌にヒリヒリ感がなく使うことができるカーネステンクリームは、有効成分であるクロトリマゾールがしっかりと菌に働きかけることができる使い方をしなければなりません。カンジダ治療薬として使うときに清潔に取り扱うことを意識しないと、薬のチューブから原因菌が他...